スクリプトのお勉強

svelteのUIライブラリを使用してみる(TreeView)

投稿日:

前回の続きで、まずは、TreeViewを実現してみます。

Carbon Components Svelte

svelteのUIライブラリにCarbon Components Svelteを使用してみました。

色々あるのですが、まずはこれにしてみようかと思います。

理由としては、TreeViewをとりあえず使ってみたかったから、ということになります。

この中では、Smelteとかでもいいのですが、TreeViewがしょぼいので、とりあえず外しました。

TreeView仕様

TreeView仕様が以下です。

https://carbon-components-svelte.onrender.com/components/TreeView

準備

作ってみるまでの準備は以下です。

$ npx degit sveltejs/template treeview-svelte
$ cd treeview-svelte
### to use TypeScript run:
$ node scripts/setupTypeScript.js
$ npm install
$ npm i -D carbon-components-svelte
$ npm i -D carbon-icons-svelte

動作環境

動作環境は以下の通りです。

### WSL上
$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=20.04
DISTRIB_CODENAME=focal
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 20.04.2 LTS"
$ npm --version
6.14.15

テスト起動

起動方法は以下の通りです。

$ npm install
$ npm run dev

ソース

ここに置いておきました。

中心は以下です。

<TreeView
labelText="File Folder Sample"
{children}
bind:activeId
bind:selectedIds
on:select={({ detail }) => console.log("select", detail)}
on:toggle={({ detail }) => console.log("toggle", detail)}
on:focus={({ detail }) => console.log("focus", detail)}
/>

childrenが、TreeView用のデータです。

今のところはサンプルの通り実装しただけです。

画面

画面は以下のようになります。

svelteによるTreeView

終わりに

次はPython と連携してみたいと思います。

参考

  • UIライブラリの参考
    https://medium.com/mkdir-awesome/8-popular-svelte-ui-components-d2a3e43d70c3

-スクリプトのお勉強

執筆者:

関連記事

ワンライナーから使いそうなのを抜粋

ワンライナー多すぎ、、 https://linuxcommandlibrary.com/basic/oneliners は膨大なワンライナーがあっていいのですが、多すぎて、何が使えるかぱっと見分かりま …

Go言語でtarアーカイブコマンド作成

今所属している会社で1バイナリでとりあえず済ませる簡単ツールはgo言語で書くことが多いようです。 私はそれほどgo言語が好きというわけでもありませんが、勉強がてら、ディレクトリからtarアーカイブする …

seaborn + Pandas + Python によるグラフ描画(その2: グラフ描画編)

前回の続き 前回の続きです。 折れ線グラフ まずは折れ線グラフを描画したいと思います。 描画するのは以下です。 運用商品(4つ)日経平均 以下で起動します。引数(dataset-2017-201908 …

Markdown to HTML(grip)

1.はじめに 最近の文書はほとんどMarkdownで書くのですが、それをHTMLに変換する方法を調べました。 ただし、私がMarkdownと思っている文法は「github-flavored-markd …

FastAPIでAPIを作ってみる(その1)

勉強として、FastAPIを使用して、実際にAPIを作成し、起動しようと思います。目標としては、本番運用用の設定まで行いたいと思います。 FastAPIとは FastAPIとは、Pythonによる、W …

google オプトアウト Click here to opt-out.