心理学

心理的安全性

投稿日:

google のRe:workの話。アドラー心理学でいえば「共同体感覚」にあたるのかもしれない。

「共同体感覚」とは

以下の三つが「共同体感覚」に必要だと言われています。

  • 「所属感」
  • 「信頼感」(安全感)
  • 「貢献感」

これだけだと「全体主義」

ただし、この心理的安全性を「強制」すると、いわゆる「全体主義」になってしまいます。

「心理的安全性」にどうもうさんくさいというか、不信感があるのはそのせいかもしれません。

-心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

書評: 「ぼそぼそ声のフェミニズム」

えー、「気持ち悪い」であろう男性ですが。 面白く読ませていただきました。何が、というとかなりあれなので、ぼやかしますが、全般的に面白かったです。笑うか、苦笑いか、どちらかでした。 「なかったことにされ …

モラ文化という言い方の「間違い」

以下の記事についての感想です。 妻を虐待しまくるモラ夫は精神疾患ではなく、むしろ”正常”という闇<モラ夫バスターな日々14> 「間違い」というと言い過ぎかもしれませんが、この連載への違和感といった方が …

ソース

ソース 人生の選択に迷ったときは あるいは、何をして人生を生きていけばいいか?と自分に尋ねたり、人に尋ねられた時には、この本を勧めることにしている。 ソースとは 静かなワクワク。 いまだに自分の行動が …

11の次に大きな素数は?

結構ツイートされていたので、考えてみた。 基本「13」と考える派 脳がどうしてもそう考える、というところか。 信濃川の次に長い川はどこ? =>「次」を降順で考えてる。 11の次に大きな素数は? =>「 …

パワハラ防止法 – とりあえずは評価?

パワハラ防止法 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000126546.html パワハラ防止法が成立したそうです。やっと、というところ …