書評

書評 – 叡智の図書館と十の謎

投稿日:

[叡智の図書館と十の謎](https://booklive.jp/product/index/title_id/603148/vol_no/001)

についてです。ネタバレなしでいきます。

多崎礼氏

ちょっと前から、注目している作家でした。筆力は間違いないので、基本「出たら買う」する、数少ない作家です。

内容はミステリーもの

人が暗い中にいる所から、明るい所に行こうとする話が多く、暗いままではない所も好きです。

そして泣ける系です。今回の話は深いとまでは言えないかもしれませんが、
人生を悩みながら生きようとする姿は、思わず泣けます。

人生に悩んでいるときに読むとより効くかもしれません。

-書評

執筆者:

関連記事

書評: 「ぼそぼそ声のフェミニズム」

えー、「気持ち悪い」であろう男性ですが。 面白く読ませていただきました。何が、というとかなりあれなので、ぼやかしますが、全般的に面白かったです。笑うか、苦笑いか、どちらかでした。 「なかったことにされ …

no image

「男の問題」には何の意味もない本

ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか 読んでみた。正直言って、私には合わなかった。実際の所、斜め読みしかしてない。 本に書いてあることが間違ってるとかではなく 本に書いてあること自体は間違ってる …