スクリプトのお勉強 失敗談 技術

pipenv + Apache + Django起動設定

投稿日:

仕事でwebアプリケーションを作成しています。

Djangoで作成し、webサーバをApache、環境をpipenvで設定したpython3環境上で動かす予定です。

Apacheが起動するまでに、苦労しましたのでメモ的に残しておきます。web検索すると、pipenv上で動かしているのが見当たらなかったので。

前提

  • 仕事の制約で、python3は別ディレクトリ( /usr/local/python36/ )にインストールしている。
  • 別ディレクトリにインストールするため、RPMを作成
  • mod_wsgi.soはpython3のRPMをインストール後、pipでインストール
    mod_wsgi.soもRPMでインストールするように設定済み

Aapcheの設定

  • いわゆる「デーモンモード」で設定
  • WSGIRestrictEmbedded: 設定したほうがいいと書いてあったので設定
  • LoadModule: mod_wsgi.soはあらかじめ入れておいたので、インストールしたディレクトリを設定
  • WSGIPythonHome: pipenv用設定。先に、PIPENV_VENV_IN_PROJECT=1が必要。でないと/homeに作成してしまう。
  • WSGIDaemonProcess projectはなんでもいい。あとは使用するpython-pathを列挙する。
  • WSGIScriptAlias: wsgi.pyファイルを指定
  • WSGIProcessGroup: Directoryで指定したWSGIProcessGroupと同じにしておけばいいらしい。

/etc/httpd/conf.d/app.conf

WSGIRestrictEmbedded On

LoadModule wsgi_module /usr/local/python3/lib/mod_wsgi/server/mod_wsgi-py36.cpython-36m-x86_64-linux-gnu.so

WSGIPythonHome /opt/app/.venv
WSGIDaemonProcess project threads=5 python-path=/usr/local/python3/lib/:/usr/local/python3/lib/python3.6/site-packages/

#Pointing wsgi script to config file
WSGIScriptAlias /app /opt/app/website/wsgi.py
WSGIProcessGroup app

Alias /app/static/ "/opt/app/static/"

<LocationMatch "\.(jpg|gif|png|js|css)$">
    SetHandler None
</LocationMatch>

<Directory /opt/app >
    WSGIProcessGroup app
    WSGIApplicationGroup app
    Order deny,allow
    Allow from all
</Directory>

/etc/sysconfig/httpd

LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/python3/lib:/usr/local/lib

インストール準備は以下のように行いました。

$ export LD_LIBRARY_PATH="/usr/local/python3/lib/"
### Webアプリをインストールするディレクトリ
$ cd /opt/app
$ export PIPENV_VENV_IN_PROJECT=1
$ export PATH="/usr/local/python3/bin/:$PATH"
$ pipenv install
$ pipenv run python3 manage.py migrate

環境ごとの設定値を有効にする機構

Djangoを環境ごと(開発/ステージング/本番)に別設定をさせる機構として、DJANGO_ENVIRONMENTをチェックするような機構を採用していました。

DJANGO_ENVIRONMENTをApacheでも有効にするために https://stackoverflow.com/questions/19754834/access-apache-setenv-variable-from-django-wsgi-py-file のような
WSGIEnvironmentを使用する方法が記述されていますが、試してみたところ、残念ながら、私の環境では、出来ませんでした。

というのも、私の場合、以下のようなdjango.setupを行う「前に」環境変数を指定する必要があったので動作しなかったです。前に設定しないと、マイグレーションが動作しないという罠がありました。DBを使用しているので、そのDB設定がまさに、環境によって違うという。。

django.setup(set_prefix=False)

上記の機構自体は動作するので、django.setup()の「後」に環境変数を設定していいのであれば動作すると思います。

なお、私が行った対処としては、wsgi.pyの中で環境変数を設定するコードを実装することです。以下のような感じで。ベタだけど、他にあまりいい方法がなかった。。

environ = 'dev'
### 条件により変更
if a == True:
   environ = 'stg'

os.environ["DJANGO_ENVIRONMENT"] = environ

DJANGO_ENVIRONMENTは、ちゃんと影響している模様。

-スクリプトのお勉強, 失敗談, 技術

執筆者:

関連記事

顔画像のモザイク方法(python + OpenCV + face_recognition)

Python3での顔画像モザイク方法 python3での顔画像モザイクの方法を調べてみました。 仕事とは関係なく、単なる趣味だったりしますが。。 この内容で、Djangoと統合する予定です。 Open …

暗号モードによる処理時間の違いを測定してみた

はじめに 前回、AESで暗号化する実装をしてみた際、知らない暗号モードが増えたなと思いました。 なので、どの暗号モードを使用すべきかの、判定材料の一つとして、代表的な暗号モードの処理速度を簡単に計って …

Nuxt.jsのFormで入力/確認/完了フォームを作成してみた(その2)

前回の記事の続きです。以下について書いていきます。この記事で終わりのはず? バリデーション機能(主にIPアドレスのバリデーション追加)画面 バリデーション機能 バリデーション機能は、vee-valid …

VMware player(workstation) から WSL2に乗り換える

いままで、VMware player(今のVMWare Workstation Player)上で、作って確認していたけど、いちいち起動するのがだるいです。 ついでにやたらとリソースを使用するので、こ …

Thunderbird プラグイン WebExtensions版開発方法を調べた

初めに 最近のメールは、中身だけ見てもスパムかどうかわからないぐらい、精巧にできてます。 一方、各プロバイダでは対応ができていることも多いです。例えば、私はメールはOCNなのですが、OCNは&#822 …